新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!
ぜひグライダー部の新勧におこしください!
連絡先:2019kugc@gmail.com

2019年3月 七大戦
団体3位でした。
2回辻が個人3位でした。

2019年08月14日

京大KG木曽川合宿 最終日

こんばんは、今回の合宿でサブピを務めました、二回生の辻井です。
実は8/3から毎日外参の日々が続いており、今日でグライダー生活は12日目になります。

さて今日の訓練ですが、台風の接近により、予定を2日早く切り上げて今日で総撤収することにしました。少し雲が多いとはいえ、朝のうちはまだ風が弱かったので数発ほど北向きで飛ばしました。しかし途中から滞空する機体が出始めます。天気が変わる予感。直後に急激に南東風が強まり、撤収となりました。総発数は6発でした。

今合宿を振り返ると、今日以外は概ね快晴で、一回生は何度もランウェイワークの練習、上回生は新人戦練習やソロに向けた練習など、時間を有意義に使えた合宿だったと思います。特に一回生の成長ぶりはめざましく、多くの子が一人立ちリーチまで来ています。ぜひ次の合宿でひとり立ちしてもらい、戦力となってもらいたいですね。

上回生については、以下のような成果がありました。
辻(3回)・7thソロ
山田(3回)・3rdソロ
辻井(2回)・14thソロ、初単座(ASK23)

今合宿では、慶応義塾大学からの外参も3人ありました。東海関西とは文化が大きく異なり、いい交流になったとともに、お互い刺激になったとおもいます。

また、2、3回生が中心となった合宿だったためか様々なトラブルがありました。しかし、その共通の原因は何か、そして繰り返さないためにどうしたらいいか、考え学ぶ良い機会になりました。上回生として、安全そして合宿運営のための責任の重さを感じました。

そういえば私は初ASK23に乗りました。ですが、出発とともにラダーから足が離れ、そこから終始焦り気味だったため離脱は300mになってしまい、楽しむ余裕はありませんでした。でも今までに経験がないほどフワフワと空気の上下動に身を任せているような乗り心地でしたので、早く慣れて楽しみたいなと思いました。

また、今合宿にてASK13の機体係の認定をいただきました。今後は自分の責任で、安全に的確に効率的に、運航の手伝い、機体の管理をしたいと思います。学生、教官方、ご協力ありがとうございました。
image2.jpegimage1.jpegimage3.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:32| Comment(0) | 未分類

2019年08月13日

京大関学木曽川合宿4日目

こんにちは、一回生の佐藤です。
今日は合宿四日目でちょうどこの一週間合宿の中日でした。それぞれが自分の欠点と向き合い、それを乗り越えるよい転換点になったのではないでしょうか。

総発数42、天気は概ね晴れで、台風の影響もあったのか午後から強い風が吹きました。グライダーが機首を滑走路に対して斜めにして進入しているのを見たとき、僕は「危ない、グライダーが風に煽られてる!」と軽く動揺してしまいましたが、これはグライダーが滑走路にし対してまっすぐ進めるようにわざとやっていることだったそうです。まだまだ勉強が足りませんね。

僕が飛んだのもちょうどこの時間帯で、強力な正対風(正面からの風)が吹いていました。そのおかげか僕の乗ったグライダーはどんどん高度を上げて、500メートル近く上昇。そのため10分以上(割と長い方)上空にいることができて様々な訓練を積めました。正対風に感謝

僕のグライダー部での夢は、これからもフライトを重ねていって、いずれかは一人で操縦出来るようになることです。そのためにもフライト一発ごとを大事にして、そこから学べる全てを自分のものにしていく所存です。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:54| Comment(0) | 未分類

2019年08月12日

京大KG木曽川合宿3日目

こんにちは!️一回生の森です。
京大KG合宿ももう3日目です。今日の木曽川は午前に一瞬雨がぱらついて焦ったりもしましたがおおむね天候は良く、適度な雲で日差しも遮られ、今合宿で最も過ごしやすいと感じる天気でした。
朝一で少し南風が吹きピス交があり、その後、昼前にサーマルが出て40分超えのフライトも出ました。発数は48でした。
今日のニュースはなんといっても23の登場です。21loverの自分としては待ってましたーって感じですし山本先輩、辻井先輩のフライトを見て、自分もいつか単座に乗りたい!️と気合が入りました。
さてそんな自分のフライトは、足と速度が情緒不安定過ぎて、なんだかなぁって感じでした。ラダーを上手く使えるようになりたい!
また、グライダーは気にする項目が多いのでどれかに集中しすぎて他がおざなりにならないようにも気を付けたいです。

台風も近づいてきて、天候が気になってきましたが、空に1日でも長く訓練が出来ることを祈りながら、1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。
1565607884308.jpg1565607896977.jpg1565607947861.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 20:11| Comment(0) | 未分類

2019年08月11日

京大関学木曽川合宿2日目

こんにちは、京大一回の丹下です。今回の合宿から、機材係の養成に入りました。7日間に渡る真夏の合同合宿2日目、今日の一大イベントは「索切れ」でした。昼休憩明けすぐに起きて、そのまま訓練終了になってしまったので、今日は飛ぶことのできなかった一回生も多かったみたいです。自分は、空を飛んでいたので索切れの瞬間は目撃できませんでしたが、降りてからのゴタゴタ感を聞く限り、索端とパラシュートの回収には結構苦労したみたいです。教訓としては、その後のMTGで教官が言われた通り普段から、索切れが起きたら何をするかを考えておき、時間を有効活用できるようにすることと、出発用意から離陸が終わるまではしっかり機体を目で追うようにすることが大事だということです。自身のフライトに関しては、とにかくまっすぐ前を見て飛ぶことを心がけることを肝に銘じます。自分は右に旋回する際上半身が左に傾く癖があるようで(逆も同じ)、これでは地平線の傾きを正しく認識できないので、最優先修正事項であります。同時に、からだが強張ってエレベータをひく癖もあるので、リラックスして直していきたいです。操縦桿とラダーの動かし方もまだぎこちないみたいなので、スムーズに動かせるよう合宿中は毎晩手足一致の練習を10分することを誓います。
リトを使って索を救出している様子
image1.png
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 19:57| Comment(0) | 未分類

2019年08月10日

京大関学木曽川合宿1日目


はじめまして、1回生の吉田です。
今日から1週間合宿が始まりました。夏の合宿は初めてなので、暴力的な暑さにやられがちでした。今日の総発数は22。ウィンチトラブルなどもあり、今日は少なめな回数でしたが、残り6日、どんどん飛んでいきたいです。

夏の暑さはかなり体力を奪っていきます。さらにはツナギという密閉性の高い服装。かなりキツい。しかし、フライトの最中は暑さをほとんど感じない。狭い空間の中にいるのだから一層暑いはずなのに。実際、夏に何十分も飛んで降りてきてから熱中症を感じた人もいるのだとか。これもグライダーの魅力がなせる技でしょうか。まあ、熱中症には気をつけましょう。

さて、自分個人としましては、なかなかに久しぶりのフライトで、グライダーの難しさを突きつけられました。それと同時に久しぶりに空を飛ぶことの楽しさも思い出せました。今回が初の1週間合宿。今回の合宿で技術を向上させていけるよう頑張ります!

写真は機体と水を飲む姿。水分補給は大事ですね。


posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:38| Comment(0) | 未分類