新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!
ぜひグライダー部の新勧におこしください!
連絡先:glider_shinkan@kugc.jp

2017年3月 七大戦
団体2位でした。
4回中西が個人2位で速度賞を受賞しました。

2019年04月16日

体験搭乗4月2週目木曽川合宿1&2日目

こんにちは顔1(うれしいカオ) 二回生の山梨です。

まずは体験搭乗に来てくれた皆さんありがとうございました!たくさん来てくれてお兄さん達とっても嬉しいです。


一日目土曜日はとてもいい天気で、途中索切れなどはありましたが、終日発航できました。条件が出る時間帯もあり体験搭乗ながら20分弱飛んでいた機体も見られました。二日目は朝から雨が予想されていましたがなんとか昼前まで持ちこたえ、来てくれた新入生は全員飛ばすことができました。


僕はクルーとしてランウェイにいてほとんど新入生と話せなかったのですが、来てくれた皆さんがグライダー部に入って一緒に合宿できることを楽しみにしています!

IMG_20190413_073522.jpgIMG_20190413_124556.jpg1555381201774.jpg1555381236138.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 12:48| Comment(0) | 未分類

2019年04月12日

OBトーク第一回

こんにちは。
三回生の佐藤です。もう三回生です。はやいものです。

さて京都大学グライダー部の新歓イベントの一つであるOBトークを11日(木)元田中のすき焼き屋の天寅さんで開催しました。
OBさん3名に加え新入生10名も来てくれました!来てくれた人ありがとう!

OBさんは 帝京大教授の米田さん
大阪で弁護士をしてらっしゃる坂野さん
龍谷大教授の大津さん

の3名に来て頂きました。

米田さんは富士重工(現SUBARU)出身の方で飛行機の開発に長年携わってきた方で今まで開発してきた飛行機の話や学生時代のグライダー体験の話をして下さりました。

大津さんは皆さんご存知、はやぶさのカプセル制作をやられていた方ではやぶさの舞台裏を熱く語られました。

最後の坂野さんの講演も非常に楽しみにしていたのですがあまり時間が残されておらず少しだけとなってしまいました。坂野さん、そしてお話を楽しみにされていた方申し訳ございません。
ですがグライダー部の魅力と人生について熱く語って下さりOBトークは無事?終了しました。

新入生達は熱心に世の中で活躍するOBの方々の話に耳を傾けていました。
このイベントで興味を持った新入生が沢山入ってくれるのを楽しみにしています。

このブログを見ている新入生の方、まだまだ新歓イベントは続きます。少しでも興味を持ってくれたらTwitter、@kugcshinkan2019に連絡頂けると色々紹介出来ると思うので是非連絡してください!

そして最後にこの場を借りて米田さん、大津さん、坂野さんお忙しい中我々グライダー部のobトークにお越し頂き講演をして下さったお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。
image1.jpegimage2.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 11:25| Comment(0) | 未分類

2019年04月07日

体験搭乗福井合宿1&2日目

こんにちは。二回生になりました、辻井です。
まさかもう新入生を迎え入れる側になるなんて思ってもみませんでした。一年経つの早すぎい。

さて、今年度からは福井空港でも体験搭乗が行われることになり、初週は京大新入生が福井空港に乗りにくることになりました。僕は2日間クルーとして参戦しました。
空港の滑走路に立ち入ったり、モーターグライダーや小型飛行機を間近で見ることができたりと、木曽川や大野と違ったインパクトがあると思います。

初日はJA2256をファルケで曳航しました。日射があったことで上空は少し荒れており、体験搭乗に向いているかと言われると…どうなのかな?と思っていました。(僕は新入生の頃、フワフワする感覚が苦手だったので、ビビってしまう子がいないか不安でした。)しかしこの日に来た京大の新入生達は全員ジェットコースターみたいなのが大好きなタイプだったようで、帰ってきた新入生の顔は皆輝いていました。安心。

2日目はJA2471をファルケで曳航しました。体験搭乗を全員回せるかどうか、午後からの雨予報で危ぶまれたものの、雨の合間をぬって全員飛んでもらうことができたようです。雨待機の間は格納庫でモグラや小型飛行機の見学をしていたそうで、新入生には有意義な体験搭乗会になったことでしょう。

実は自分は2日目に発熱&胃腸炎になってしまい、宿当(会計)の方々や福井大OBの石戸さんに助けていただきなから、病院へ行っておりました。そこで人生初の点滴をしたのですが、
アレすごいですね。始めて30分ほどで視界がクリアになり、終わる頃にはだいぶ生気を取り戻したように思いました。ただ、刺してたとこが痛かったので3時間それに耐えつつ暇をつぶすのは辛かったです。

来週は木曽川でクルーなので、向こうでも新入生に楽しんでいただけるように、そして空の世界にハマってもらえるように頑張ります。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:52| Comment(0) | 未分類

2019年03月28日

京大大工大野合宿 最終日


こんにちは。二回生の山田です。

昨日辻井が予想していた通り無事初ソロに出させていただきました。2回目のソロチェックで着陸時に横ズレして落とされたかと思いましたがOKもらえました。そのまますぐに発航順を回してもらって初ソロに出ました。出発前に頭の中で策切れの対処を復習してから準備よし無線を入れ、速度がのっているのを確認しつつピッチアップして中期の姿勢に入れました。曳航速度も95キロとかでいい感じです。初ソロの感慨に浸りながら操縦桿引いてたら突然衝撃が。策切れです。ついさっきやったダミーブレイクと同じようにすぐ機首を下げていつも通りの姿勢に入れて高度確認。たしか380mとかでした。その後は策切れでわちゃわちゃしてる無線を聞きながら、いつも通り適当にコース描いて場周に入りました。着陸もいい感じにできました。さて初ソロの感想ですが、なんかいつもと変わらないなって感じでした。上空で後ろ振り向いたら面白いとか先輩に言われたけどそんな余裕なかったですね。何も喋らない教官と乗っている気分でした。あとはダミーブレイクの大切さを感じました。策はいつでも切れるという意識は常に持って置かないとダメですね。

今日は神大の同期の石上も初ソロに出ました。彼は130発ぐらい飛んでいたのでようやく努力が実ったって感じですね。上空はやることなくて暇だったそうです。

午前は静穏だったのですが午後からは風が強くなってきて、今日中に2ndソロには出られそうになかったので僕はひたすらリトリブしてました。

今合宿での成果は
・山本さんの初23
・辻、辻井の2ndソロ
・山田の初ソロ
・ディスカスの耐空証明発行
・辻13係取得
と今年度最後にふさわしい合宿になりました。他にも大工の藤田や石上の初ソロなど他大生も多くの成果を残していて実りの多い合宿でした。この勢いで新歓も頑張りたいですね。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:02| Comment(0) | 未分類

2019年03月27日

京大大工大野合宿 4日目

こんにちは、一回生の辻井です。

本日4日目の訓練では、朝から終日南風が予報されており、どこかでピス交後南向き発航になることが予想されていました。しかし朝のうちは比較的静穏であり、北向発航のうちに大工二回・藤田さんが初ソロに出ることができました。ピストとして発行順を組んで初ソロに出てもらえると、また違った嬉しさというか、やりがいがあるなあと思いました。

そして南風2mぐらい吹くようになってきた所で、諦めてピス交。今合宿は初ソロ前後の人が大多数を占めている合宿であり、着陸練習という点で南向きで飛びたい人などほとんといないだろうと予想されました。それでも皆がフライトを楽しめる方法はないかと考えた結果、
京都大学・大阪工業大学で紅白戦を行うことにしました!


全員に周回競技を楽しんでもらえるよう、各大学上回生・下回生チームの計4チームに分かれ、9kmほどの小さめのタスクでの周回競技です。そして各々の使用機体は(偶然にも)各校の代表機である京大JA2333、大工JA2108です。これについて大工では賛否両論ありましたが無視。(笑)


気になる結果なのですが、
京大下回生チーム辻井(1回)・1000点、
大工上回生チーム藤田(2回)・430点
大工下回生チーム渡邉(1回)・694点で、総合では大工1位、個人では自分が1位となりました。しかし僕は搭乗前に京大二回・辻先輩に「代わりに行ってこい!」と言われていたため、個人優勝は辻先輩ということにしました。

条件が思ったよりも出ず、滞空できたのは3人のみ、うちゴールが1人、第2旋回点まで(旋回点は全3つ)が2人でした。

僕は幸運にも、離脱後右旋回してすぐに+2〜4のサーマルにヒットすることができたので、そのまま900mまで上げた後3つとも回ってゴールすることができましたが、その時以外はあまりプラスはなかったようです。また、僕自身これが初めての旋回点クリアや周回練習でした。プラスのある場所を覚えたり、どの高度で旋回点へ向かうかの判断であったり、他機警戒であったり……と考えることが多くて非常に難しかったです。
今後は少しずつこのような競技フライトに慣れていく必要があるなと感じました。

そして、ピス交したにも関わらずその後南風はおさまって静穏であり、条件も微妙だったため、
15時ごろに再びピス交し、北向発航でソロを狙っていくことにしました。
ここで僕と京大2回・辻先輩は2ndソロに出ることができました。

この日は17時頃までフライトしました。大変な1日ではあったものの、いい日になったと思います。

明日は京大2回・山田先輩が初ソロに出られる予感…

写真は航空部あるある・
「ウインチとリト、親子みたいでかわいい〜」です。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 11:07| Comment(0) | 未分類